タグ「gsutil」に関連する記事

個人的によく使うgsutilコマンドランキングBEST10


個人的に(オプション込みで)よく使うgsutilコマンドランキングです。
ただ、オプションの内容についてはあまり触れません。
※オプションについては「gsutil help コマンド名」で確認できます。

第10位 Storageの情報確認

作成したバケットの情報を確認するために利用します。
バケットのクラス(Standard or DRA)やACL、リージョン等が確認できます。
$ gsutil ls -L -b gs://バケット名


第9位 設定ファイルの作成

よく使うコマンド・・・ではない気もしますがこのコマンドを打つと
生成されるgsutilの設定ファイルはよくいじります。
$ gsutil config

このコマンドを打つと.botoという設定ファイルが生成されるのですが
そこで処理のスレッド数や並列でアップロードできるファイルの最大容量等
がチューニングできます。

しかも以下のような設定項目もあるので↓を設定すれば
AWSのS3へのアップロードも可能っぽいです。
#aws_access_key_id = **********
#aws_secret_access_key = **********


第8位 バケットの削除

使わなくなったバケットの削除に使っています。
$ gsutil rm -R gs://バケット名


第7位 バケットの作成

DRAバケットの作成方法については以前書きました。作成方法は以下の通りです。クラス名の「S」はスタンダードクラスのSです。このオプションをつけないとデフォルトではスタンダードのストレージが作成されるようです。
gsutil mb -c クラス名(DRA or S) -l ロケーション -p プロジェクト名 gs://バケット名


第6位 ACL設定

アップした画像を一般公開するときとかに利用します。他にもプロジェクトのPermissionsユーザOnlyで共有・・・みたいな設定ができます。
gsutil acl set public-read gs://バケット名/*.png

※aclの詳細についてはココに書かれています。

第5位 アップデート

ツールのアップデートをおこなうときに使います。
$ gcloud components update


第4位 ファイル内容の確認

ファイル内容を確認するときに使います。
$ gsutil cat gs://バケット名/tomorier.txt


第3位 ヘルプ

コマンドのオプションを確認するときによく使います。
$ gsutil help


第2位 使用容量の確認

料金が気になってよく使うコマンドです。
$ gsutil du -ch gs://バケット名


第1位 storageにファイルUP

やっぱりこのコマンドを一番よく使います。
gsutil mv( or cp) ファイル名 gs://バケット名/(サブディレクトリ名)

具体的にはcronを使って↓な感じで定期的にストレージ上にログをアップしたりしています。
gsutil mv /home/tomorier/*`date --date '1 day ago' +%Y%m%d`.log gs://tomorier/log

※↑は日をまたいだときに前日のログをストレージにUpするサンプルです。

以上、ランキングでした。

gsutil  2014年03月13日 15時03分 

iPhoneアプリを個人で出してます。Python/JavaScriptが大好きです。このブログはGAE/Pythonで作ったオリジナルブログです。
カテゴリ
開発アプリ